頭に良い子供の方が不登校になる場合もある

学校で学ぶのは勉強だけではない

点数が取れている子に多い歪み

 

勉強にはついていけているのに学校の環境が合わなくて
不登校になる子もいます。

 

学校が騒がしくていやになって勉強は問題なく
できるから別にいいなどといった考えの子供さん
もいる事でしょう。

 

ですが勉強がわかる子供はうるさいクラスに登校
しなくてもよいのでしょうか。

 

頭のいい子はノリを楽しむ様な事をして喜んでいる
子供を冷ややかな目で見ていることがあります。
それはその子の性格なのでしょうがない事ですが、
だからと言って不登校になってもいい理由にはなりません。

 

学校は何の練習の場なのか

 

学校は勉強を教えるだけの場所なのでしょうか?

 

確かに問題のある生徒もいます。経済格差がある子供さんもいます。

 

障害児が同じクラスにいる場合もあります。

 

点数がとにかく悪い子も居れば頭のいい子も居ます。

 

でもそれでも同じ空間で生活をすることに意味や
意義があるものです。

 

何も学ばずに勉強だけをしていて自分と違う子が
いたときにその子を見下したりしていいわけでもありません。

 

先生という大人の存在があって目に余る時には注意をしてくれたり、
いろんな人がいる事やいろんな人と付き合う事を学ぶ練習の場で
もあるという事です。

 

勉強ができると社会適合はイコールではない

 

いくら勉強ができて頭が良くてもコミュニケーションに障害
があれば社会人になった時に適応できません。

 

年齢が上というだけで自分よりもできの悪い上司
の元で働くこともあります。

人当たりがすごくいいのに仕事ができない人もいます。

 

逆に仕事はできるけどコミュニケーションが苦手な人もいますし、
その中でもうまくやるのを学ぶのが学校です。

 

もちろん我慢ができなければ転職をすることもあるでしょう。

 

でも面白くないからと言って何度も何度も転職をしていたら
いつまでたっても給料は上がらないし、最後には働くことも
困難になってしまいます。

 

もちろん全員が全員ではありあません。
でももし、頭がいい子なのであればある程度の
プライドを持っているはずです。

 

「頭がいいのに人間関係が苦手なのね、

 

上手にするのなんて簡単なのに」などと言われて意地に
なって上手に付き合う人も居たりします。

 

もちろんその子にあった言葉を選ぶ必要がありますが、
コミュニケーションをとらない事のデメリットを親が
きちんと教えてあげる必要があります。