不登校の母親と父親の気持ち

不登校の子供の両親記事一覧

不登校問題を孤独に背負う母親一般的に、子供と長い時間過ごすことが多いのは父親よりも母親の方です。毎朝学校に送り出したり、学校と連絡を取り合ったり、学校にまつわる事柄すべてが母親の役割になっている家庭はまだまだ多いはずです。不登校の子供をもつ母親は、学校に行きたがらない子供の機嫌を毎日うかがい、嫌でも向き合わなければなりません。学校や同級生と子供の間に入り、何かトラブルがあれば矢面に立つこともほとん...

子供が学校に行く理由とは将来のため?学ぶ事が仕事だから?親に行けと言われたからというのも理由のひとつですよね。もし自分の子供が学校に行かなくなった時、子供はどうなってしまうのでしょう。学校に行かない事で生じる問題 学校はよく「集団行動を学ぶ場である」と言われます。社会性や人との付き合い方を学ぶんです。家庭だけではおおよそ社会性を教育するのは困難です。 多くの親は、自分の子供が社会に出て困らないため...

不登校の親は心配して当然昔に比べ、不登校と呼ばれる子供たちが珍しくなくなった最近、珍しくないとは言っても通常学級に通える子供からしたら極少数ではありますが、子供たちの環境も理解が増え、支援なども充実してきているのも事実です。ですが実際、自分の子供がその立場になった時には誰しもが悩み、将来を心配してしまいます。誰でも子供には幸せにあって欲しいはずです。その悩みや不安は確実に間違ったものではありません...

義務教育である中学校に行っていないとその子の親は怒ることがほとんどです。本当は怒りたくないのに、どうして怒ってしまうのか悩んでいらっしゃいませんか?不登校後中学生に対する親の気持ち自分は中学校を不登校にならずにきちんと通われていた場合、自分の子供が学校に行かずに家に居るという事が理解できずに怒ってしまうのではないでしょうか。中学校は「義務」教育だからなおさらですね。大人としての思考として、義務=行...

不登校になるきっかけは本人の学校生活での問題であることが多いですが、きっかけはそうでも原因は親にあることもあります。どのような親だと、子供が不登校になりやすいのか見ていきましょう。@「これはこうだからこうしなければいけない」裁判官のように子供のことを裁いていませんか。イライラしやすくありませんか?子供の行動が自分の決めているパターンと異なった場合には??をつけていることもあるのではないでしょうか?...

子供にとって不登校自体が何なのか小学生の不登校児童の原因、事の発端の部分を目的地に向かう途中の水たまりに例えたとしましょう。向かいたい方向にある水たまりをどうやって通るか。なんの条件も出ていなければ障害物です。避けて通る、別の道を選ぶ、もちろん濡れるのを覚悟で突っ切るなどたくさんの選択肢があります。でもその水たまりを越える場所に必ず「飛び越える」や「絶対濡れない」などの条件が付いた場合や目的地に向...

h4>不登校の親の気持ち不登校になった子供を乱暴に扱おうとする親はいません。繊細な問題を抱えているのだからと、親は慎重になったりします。子供の気持ちを傷つけまいと、腫れ物に触るように接する方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?ネット検索をしてみると、「子供の気持ちをいちばんに」「これはしてはダメ」などの言葉が多く目につきます。確かに対処法を調べたりしているのですからそういう言葉を目にすること...

親だって人間子供が不登校になってしまった場合、子供自身も苦しく心身ともに疲労しています。ですが、その事で学校の先生と話合ったり、子供への対応に悩んだりして親も疲れてしまうことがあります。誰しもが「親だから」などと自分を奮い立たせて必死に頑張ろうとします。でも親も人間です。想定外の事態に心身共に疲労してしまうこともあります。でもそれは「親のくせに」ではなく「親だからこそ」なのです。不安はずっとあるも...

不登校の子供に対してうるさくしてしまうと学校に行ってほしいあまりに子供説得しようとしたり、自分が知りうる限りの不安要素を教えてあげたりしていませんか?不登校な事を甘えだと叱りつけてしまったりしていませんか?未熟な子供でもみんなが普通にできている事ができない事は悩みの種であることは容易に想像がつきます。大人がわかっていることを何度もしつこく言われたり、こちらの気持ちも考えずにポンポン言われたらきっと...