不登校に成った子供をどのようにして復帰させるか

不登校からの復帰記事一覧

好き嫌いと食あたりは違う不登校は好き嫌いと食あたりによく似ています。例えば嫌いな食べ物を勉強だとします。勉強苦手だなぁなどと感じていたとして、順位などに出てくるようになり、順位が悪くなればみるみる学校には行きたくなくなります。嫌いなものは苦手で当たり前。苦手は明らかな結果に出てきてしまうものです。ですが食あたり状態で学校に行けなくなることもあります。人間関係で食あたりのような状態になってしまったと...

不登校からの復帰率とは?まだまだ数は少ないですが、今や不登校はそこまで数が多いわけでもありませんが、珍しい事でもありません。ですが、お子さんが不登校になってしまった場合、学校に戻れるのか、進級や進学はできるのかはもちろん気になりますが、どのくらいの子供が復帰できているのかなどの復帰率なるものも気になるところです。ある県の平成27年度のデータでは小学生の場合1年間で5人程度ですが、中学生となると30...

多感な学生時代にはちょっとしたことがきっかけで学校へ行くのが楽しみになる時もあれば、反対に行きたくなくなってしまい不登校になる子も少なくありません。周囲の人からすると「そんなことで」と思えてしまうきっかけでも、本人にはとてもつらいことなのです。不登校になりやすい時期義務教育が終わってからの”不登校”というのはあまりありません。高校や大学では出席日数や単位などが進級の条件になることがほとんどなので学...

聞いてほしいシグナルを見つけたら聞く子供の様子がなんだかおかしい、元気がないなどと感じることがあった場合、親は「どうかしたの?」などと聞いてしまう事があると思います。小さな悩みで子供自身も話やすい問題などの場合は「実はね…」などと会話になることもあるかと思います。これは子供の社会経験や人間関係の未熟さ故に選択肢がうまく選べていない場合が多いです。もし子供が話をしてくれるのであれば聞いてあげて、子供...

行かなくなった間の学校の変化への不安、行っていない間に進んだ勉強へついていけるかの不安や友達が全くいない事も多い中での学校生活の不安。そうした不安が積み重なって一度行かなくなってしまった学校に行くには相当な勇気ときっかけが必要です。そのきっかけは、本人では中々作れないものですから、親や学校がきっかけを作ってあげなければなりません。学校に行くきっかけの用意大人でも、ずっと会っていなかった人や少しわだ...

不登校になる理由は人それぞれです。ただ単に勉強が嫌いで学校に行かずに遊び歩いているのも不登校になりますし、友達関係がこじれたりいじめられて学校に行けなくなって家に閉じこもってしまうのも不登校といいます。今回は言葉のいじめでなってしまった不登校をピックアップします。友達からの「うざい」「死ね」の言葉中学生くらいの思春期によく使われる言葉です。冗談めいた言い方で友達同士でふざけるときにも使う程溢れてい...

復帰後の反応は復帰が怖い原因の一つ不登校になり学校から遠のく期間が長ければ長いほど復帰後の反応が気になってしまいます。誰も話をしてくれないんじゃないか、冷ややかな目で見られるんじゃないかととても心配になります。でも親は学校に何とか行ってほしいと考えますし、子供自身も行かなければならないことがわかっていますから、気持ちはとても揺れ、不安定になるはずです。不登校から復帰した場合の反応意外と何ともなかっ...

不登校の子供が学校に通えるようになると、よかった、もう大丈夫だと親は安心します。ようやく肩の荷が降りると思っているかもしれませんが、それは少し考え直さねばならないかもしれません。不登校の子供が学校に復帰した時は、かなり気を遣わねばならない時期となります。それでなくても子供は、不登校時についた心の傷の回復や復帰に向けて多大なエネルギーを使ってきています。復帰とその状況維持にはさらにエネルギーを使うこ...

何らかの理由で、「家出をしたいと思ったことがある」「家出を実際にした」という経験はありませんか。でも、家出をする為には、住む家が必要ですし、勿論、一日3食分の食費が当然かかります。また、厳密に言えば光熱費なども発生します。高校生のバイトの単価は大学生以上よりも低いですし生活していくには、「困難」と言わざる負えません。なので、子供独りでは、両親の元を離れて独り暮らしをすることは難しく、親の援助が必要...

人生には様々な生き方があり、大きなターニングポイントがあることでしょう。高校から先への進学と専攻科目によって就職先も大きく変わってきますし、就職の幅も違ってきます。4編を通して、子供たちの心の理解と要因についてまとめてきました。ここでは、人生について取り上げてみたいと思います。結婚、死別、よい上司との出会いが大きなターニングポイントと言われています。大学を卒業してから自衛官や営業マンをやっていたが...

江戸時代までは、15歳になると元服といって1人の大人として認められていました。現在の時代では、20歳となっていますが昔と比べて平均寿命もかなり延びて世界一の国となっています。年々、医療も発達して80歳以上を迎える高齢者も多く、団塊の世代が後期高齢者となりつつあり、若い世代1人が高齢者を4人支えていく時代となって社会問題となっています。介護保険や医療保険制度も年々改正され、今後、障害者福祉と高齢者福...

一度、不登校になったら学校に復帰するのには勇気が必要です。学校に復帰した後に、周りからどんな目でみられるのか、いじめられたりしないか、勉強についていけるのかなど、様々な不安があります。実際のところは、不登校になった原因によって、反応は変わるようです。今回は、現役教師に聞いた学校へ復帰した後の周りの反応を原因別にお話します。思春期で一時的に学校が嫌になった場合特に何か大きな不満があるわけでもなく、友...