不登校に成った子供の勉強

勉強法と不登校の関係記事一覧

勉強の遅れが一番の心配事になっていませんか?不登校になってしまった場合に一番に懸念されるのは学業の遅れです。不登校になり始めたときに学校に何とか行ってもらいたいあまりに「そんなに休むと勉強追いつけなくなるよ」などと投稿への理由の一つに挙げてはいませんか?子供だって不登校になって何かしらの不安はあるはずです。学校にいけないままでもいいと考えている子供の方が絶対数は少ないのです。本人の心配事にも勉強の...

単純に考えて、40人学級に居たとして、40人全員が一人の先生から授業を受けます。40人全員、一人の先生の教えで理解することは可能でしょうか。先生の言っていることが完璧に理解できている子は何人いるでしょうか?先生の教え方によって理解できる生徒と理解できない生徒がいるのは説明する間でもありません。学校側も生徒全員を完璧に教える事は不可能です。親は教えられる事を望んでいますが、学校側の仕事は教える事です...

不登校が続くと、今から将来的な就職などを心配してしまう親御さんも多いと思います。不登校になったら人生が終わりではない学生時代に何かしらに躓いてしまうことは誰にでもあります。悩み、苦しみ、身動きが取れなくなるのが不登校です。すべてを放棄したわけではないのです。そうはいっても不登校になってしまった場合、親も自分自身も社会不適合者なのかもしれないと考えてしまうことでしょう。でも本当にそうなのでしょうか。...

点数が取れている子に多い歪み勉強にはついていけているのに学校の環境が合わなくて不登校になる子もいます。学校が騒がしくていやになって勉強は問題なくできるから別にいいなどといった考えの子供さんもいる事でしょう。ですが勉強がわかる子供はうるさいクラスに登校しなくてもよいのでしょうか。頭のいい子はノリを楽しむ様な事をして喜んでいる子供を冷ややかな目で見ていることがあります。それはその子の性格なのでしょうが...

ひとり一人の子供たちと向き合えば、その子供を取り巻く、家族、教師、学校が浮かびあがり、そして全てを取り巻く社会全体がわかるようになります。この非力な、悲しい人間。子供たちと接することで一生懸命生きているけれど、思い通りにならない私たち自身が見えてくることもあります。国の教育改革が年代を追うごとに成され、「受験戦争」「ゆとり教育」「グローバル化」といった単語で表すことができます。その中で、表面化して...