不登校に成った子供の復帰のきっかけとは?

不登校からの復帰のきっかけとは?

多感な学生時代にはちょっとしたことがきっかけで
学校へ行くのが楽しみになる時もあれば、
反対に行きたくなくなってしまい不登校になる
子も少なくありません。

 

周囲の人からすると「そんなことで」と思えてしまう
きっかけでも、本人にはとてもつらいことなのです。

 

不登校になりやすい時期

 

義務教育が終わってからの”不登校”というのは
あまりありません。

 

高校や大学では出席日数や単位などが進級の条件
になることがほとんどなので学校に行きたくなくなった場合
は簡単に退学まで出来てしまうからです。

 

退学もできず、行っていないのにも関わらず
進級できてしまうのが小・中学校。

 

特に思春期を迎え多感な頃の中学生時代に不登校になってしまう
子が多いようです。

 

 

不登校の3大要因と特徴

 

中学時代に不登校になってしまう要因は大きく分けて
3つあると言われています。

 

@友達関係

 

学校は、長時間の拘束に何をするか決められている毎日、
大概の人が嫌いな勉強をさせられて、好きなものだけを
食べることも許されず好きな時間にトイレにも行けない
過酷な状況下であると、大人になってから思います。

 

それなのになぜ毎日学校に行けたのか?

 

それは、仲のいい友達が居て、その友達と会って話したり
休み時間に遊んだり楽しい時間を共有できたからです。

 

そんな友達との仲もちょっとしたことがきっかけでこじれてしまい、
仲を修復できなかった場合に学校へ行く意味を
見いだせなくなり不登校になるパターンがあります。

 

この場合、本人は急に元気がなくなり家にこもるようになります。

 

A勉強についていけない

 

新しい教科も加わる中学校では今までとは勉強の仕方も
変わってくることも多く、それに順応できず勉強に
ついていけなくなることがあります。

 

一度分からなくなってしまうとその先も理解が追い付かず
授業中はただの苦痛な時間になってしまうのです。

しかしこのパターンはその子だけでなく、ついていけなくなった
仲間がいることがあります。

 

仲間を見つけてしまうと安心したり、一緒に学校をサボる
などの非行に走ることもあり結果不登校となってしまいます。

 

テストの点数をチェックし、急に下がったなと感じた時には
家庭教師を付けましょう。

 

大勢で学習する塾は学校と同じくついていけなくなったら
おしまいです。

 

Bいじめ

 

最も悲惨な原因がいじめ。

 

中学になり少し大人びてくると、行動や言動が
普通とずれていたり、見た目に特徴があったり
する子をからかう子が出てきます。

 

最初はからかい、本人も笑っていることもあったのに
徐々にいじめへと発展して一緒にいた友達も
巻き込まれたくないと考えて離れていきます。

 

こうして一人になったときには精神状態も
ボロボロになっています。

 

いじめは精神的にも肉体的にもダメージを食らいます。
不登校になり部屋から出てこなくなる子が多いでしょう。

 

いじめのパターンは、親にいじめられていることを
知られるのが嫌で隠す子がほとんどです。