原因不明で不登校になってしまったときに親がすることは?

原因不明の不登校担った場合の親の対応は?

学校に行きたくないと子供が言えば、親は学校に
行きたくない理由を聞きます。

 

行きたくないのには理由があるから話をしてほしい、
そう思っていても原因不明の不登校の場合、
子供は何も話すことができません。

 

最近多くなってきたこのケースの特徴をご紹介していきます。

 

原因不明の不登校になぜなる?

 

学校に行きたくないという理由で多いのが人間関係に悩む場合です。

 

学校は一人で行動というよりは集団生活になるため、
その集団生活の中で難しいのは人間関係です。

 

ですが嫌いな人がいる訳でもなく人間関係で何か
あったという訳でもない場合、自分でもわからないままに
学校に行きたくないと体が拒否して不登校になる
ケースが増えています。

 

原因不明の不登校になぜなってしまうのか、
それは学校に行くためのエネルギー不足が考えられます。

 

学校に行くためのエネルギー不足とは?

 

原因不明ということは本人も気付いていないということ。

 

特に何かあった訳でもないのに一生懸命頑張っていた
ことが小さなストレスや疲労が重なったことにより
エネルギー不足になってしまうことです。

 

そのためエネルギー不足で原因がわかっていない
子供に対して子供のエネルギーを奪わないように
することが大切です。

 

エネルギーを奪ってしまうとどんどん子供は追い込まれ
不登校からも抜け出せなくなってしまいます。

 

 

子供のエネルギーを奪わないためには?不登校

 

原因がわからないと言われると親としては
「なんで?」と問い詰めてしまいます。

 

ここで大切なのは口うるさく言わないことです。

 

親にとっては心配して強く言う言葉も子供にとっては
自分は大切にされていないなどとマイナスに
捉えてしまいます。

 

かと言って、放置するのもよくありません。

 

「学校に行こう」という言葉も言い過ぎてはいけません。

 

子供にとって何かあった訳でもないのに学校に行けない
ということは辛いことです。

 

本人の辛さを一番近くにいる親だからこそ、
理解して無理に登校を強要しないことです。

 

学校に行かそうとせず、子供のエネルギーを
回復させることを考えましょう。

 

親にとってできることは無理に学校に行かせることではなく
、愛情をたっぷりと注いであげることです。

 

信頼関係を築いていれば、本人も学校に行こうという
意思が出た時は一番に相談してくれるでしょう。

 

 

原因不明の不登校のまとめ

 

心のエネルギーが不足した時、自分でも気付かない
からこそ自分でもどうしていいのかわからずに
どんどん悩んでしまいます。

 

そのため周りが追い込んでしまうと余計に自分の
居場所を見失ってしまい心のエネルギーは不足
したままになります。

 

そうならないためにも追い込むことはせず、
子供にとってエネルギーを回復させて
あげることを優先にしてあげましょう。