不登校児の夏休みはどう過ごすべきなのか?

不登校児の夏休みの過ごし方は?

子供が不登校児の場合、夏休みはどのように
過ごすべきか悩む方も多いと思います。

 

夏休みは学校に行っている子供にとっても、
行っていない子供にとってもゆっくりできる時間です。

 

特に不登校児にとっては、学期中学校へ
行けないことに罪悪感を感じている子供が多いです。

 

ですが夏休みとなるとそうした気持ちが解放されたりします。

 

そんな時、親としては夏休みはどう過ごしてあげることが
いいのか悩むものですよね。

 

ここでは夏休みにどのように過ごしたらいいのかを
ご紹介していきます。

 

夏休みだからといって特別なことはしない

 

夏休みだから何かさせたい、そう思うのは子供の状態が
いい時にアドバイスをするようにしましょう。

 

夏休みだから勉強をさせたい、生活習慣を正すために
早起きさせたい、外出させたい、親としては思うことが
沢山あります。

 

子供の状態がよくない時であれば「勉強をした方がいい」
などと言うよりも、いつも通りに接してあげることが大切です。

 

子供が何かを話そうとした時、お話しを聞いてあげるなどして
信頼関係を大切にすることです。

 

そうすることで、子供にとっても夏休みだからといって
何かを強要させられたりしないということやいつも通りに
接ってくれるという安心感が出ます。

 

安心感が出るようになれば、親子での信頼関係も
築きやすくなるでしょう。

 

不登校を認める接し方

 

学校に行くタイミングは子供の意思によるものです。

 

親としては新学期から学校に行ってほしいという
思いでいっぱいですがまずは子供の不登校を
認めてあげることが大切です。

 

時間はかかるかもしれませんが、親が不登校を
認める接し方は本人にしっかりと伝わるでしょう。

 

夏休みだからこそ、登校刺激はせずに心のエネルギーが
充電されるまで受け入れてあげることが大切です。

 

学校へ行こうという約束をしない

 

不登校児の子供を心配して、
「夏休みが明けたら学校へ行こう」と約束をしてしまう方も多いです。

 

しかしこの言葉は子供にとって最もプレッシャーを
与えてしまう言葉になります。

 

学校に行きたくても行けないというのは
本人が一番理解していることです。

 

そのため親からは学校の話はせず、
子供の気持ちに共感してあげましょう。

 

不登校児の夏休みの過ごし方のまとめ

 

夏休みだからと特別なことをさせようとしたり、
夏休み明けは学校に行ってほしいという願いから
夏休み中に言葉をかけてしまうことも問題になっています。

 

親としては子供に思うことは沢山ある分、
子供からしても親に思うことは沢山あります。

 

親ができることは子供が学校に行く意思が出るまで
待つことと不登校を認めた接し方をしてあげることです。

 

親子での信頼関係を築き、家では居場所をしっかりと作ってあげましょう。