親のうるさい説教で引き起きしてしまう不登校

うるさい親が引き起こしてしまう不登校

不登校の子供に対してうるさくしてしまうと

 

学校に行ってほしいあまりに子供説得しようとしたり、
自分が知りうる限りの不安要素を教えてあげたりしていませんか?

 

不登校な事を甘えだと叱りつけてしまったりしていませんか?

 

未熟な子供でもみんなが普通にできている事が
できない事は悩みの種であることは容易に
想像がつきます。

 

大人がわかっていることを何度もしつこく言われたり、
こちらの気持ちも考えずにポンポン言われたら
きっと頭にきてしまったり、相手に触れないようにしたり
するようになってしまいます。

 

そしてうるさいと感じてしまうことでしょう。

 

子供だって同じです。

 

親を拒絶し始めるようになるでしょう。もちろん説得したり
、叱ったりして不登校から復帰できる
子供もいる事でしょう。

 

でも大人側、親側の意見を押し付ける事は
子供側からすれば拒絶の対象になりやすいのです。

 

子供だから、わかってないからなどと言って正解を
教えるのではなく、解き方、未来への歩く方向の
見つけ方のヒントを教えなければなりません。

 

親が学校側にうるさくしてしまうと

 

学校に何度も足を運ぶ事になると思います。

 

もその際に「学校側の対策、対応」を求めすぎてはいませんか?

 

よく聞くのは先生の対応がイマイチなどの言葉です。

 

自分の子供が不登校になってしまった場合、
親は被害者意識が強く出過ぎてしまう場合があります。

いじめの場合でもそうです。

 

でも対策や対応を取らなければならないのは学校側だけでしょうか?

 

「うちの子はこういう子です。どうして学校は対応してくれないのですか」
と親側の意見があります。

 

でも「学校側はこういうところです。ご家庭の対応はどうなっていますか」
と言われたらどうでしょうか?

 

ケンカになってしまいます。だから学校側は対応しますなどと
大人な対応をしてくれます。

 

ただし、学校側の対応は先生だけではありません。

 

生徒間の事もあります。自分の子供一人のために先生と生徒全員の変化を求めていませんか?

 

 

一生懸命になり過ぎて視野が狭まることがあることを自覚しましょう

 

不登校は親にとっても本人にとっても一大事です。

 

でもそれは学校にとっても問題であり、
放置していい問題ではありません。

 

もちろん、対応が完璧な先生もいれば、
大した事を何もしてもらえない場合もあります。

 

親が思う限界点まで頑張っていないように映る先生もいる事でしょう。

 

でもその相手の対応の限界点なのです。
よく「やられる側にも原因がある」などと言われ傷つて
しまうことがあると思います。

 

 

何も知らない人から言われてしまえば受け入れ難い言葉です。

 

少しでも早く復帰してもらうために自分の子供を
理解してもらおうと一生懸命になり過ぎてしまう人
がたくさんいます。

 

確かに理解してもらいたい気持ちはわかりますが、
理解して欲しいのであればまず、先生や学校側
のできる事、できない事への理解をしなければ
なりません。

 

でも一番感じる事は
「自分や子供に出来る事はなかったのか」
という振り返りをしていない人が多い事です。

 

どんなことが理由でいじめにあっていたとしても
的になってしまう理由があったこと。

 

回避することができなかったことも含め、不登校に
なってしまった側の至らなかった部分への
着目を忘れていませんか?

 

自分たちの至らなさを認めたり、改善を目標と
しないのに相手への全面改正を注文するのは
実に都合のいい話です。

 

復帰を目標とするのであれば、妥協点や
自分でできる改善を見つける事で本人の
意識を変えることも必要な事です。