私立高校で不登校の生徒を受け入れる。

不登校児は高校進学を諦めなければならない

不登校になったら進学は無理?

 

親としてはせめて高校くらいは出て欲しいと考えている
人がほとんどだと思います。

 

ですが、義務教育期間とは違い、高校は誰でも
入学できて誰でも卒業できるわけではありません。

 

「高校に行けなくなるよ」などと余計にプレッシャーを与えたり、
逆に「高校進学は無理かな?」と諦めてしまってはいませんか?

 

不登校でも受け入れてくれる学校は有るのでしょうか?

 

 

公立や私立以外にも高校はある

 

例えば通信制高校、定時制高校、チャレンジスクールなども
高校卒業の資格を取得できますし、高卒認定などもあります。

 

それぞれに特色があって、通信制高校の場合、学業が
苦手でない人の場合は卒業ができる事はありますが、
学業が苦手となると課題とテストがほぼなので、
授業の面で充実しているわけではないので卒業が難しくなります。

 

学業に不安があるのであれば通信制よりは定時制の
方が授業がある分、単位が取得しやすいので卒業しやすくなります。

 

チャレンジスクールは不登校経験者や高校中退者を対象
としている学校です。公立高校なので私立に比べ費用は
抑えられますが、関東がメインなので地方に住んでいる方に
は選択肢の一つにはなかなかなりにくいといったデメリットがあります。

 

子供の性格や苦手を考慮して高校を選ぶ

公立高校の場合、試験当日の点数は去ることながら、
それまでの内申点なども試験項目の対象です。

 

不登校の場合、いくら点数が取れていても
学校に行けていないとなると内申点がもらえて
いないことが多いので、入学はかなり厳しいとされています。

 

ですが、私立高校の場合、「滑り止め」と言われる
保険として受験する子供が多い事から公立に比べ
入学の審査の部分が甘い場合があります。

 

もちろん私立高校の方針にもよりますが、公立高校よりは
入学審査の部分で学業で問題がなければ入学ができる
学校があります。

 

どちらかというと子供たちの未来、これからを見てくれて
いるのは私立高校ともいわれています。

 

「勉強をしたい」や「もう一度学校生活をやり直したい」
などと子供自身が考えているのであれば受け入れて
くれる学校は必ずあります。

 

ただし、親が「勉強してほしい」「何とか高校くらいは出て欲しい」など
の意識が強すぎる場合、それを子供に押し付けてしまえば
子供に重荷がさらに増えることになり、ハードルが増々
高くなります。

 

不登校からの復帰も学校生活のやり直しも自分の意思
がしっかりしていなければ良い結果は生まれないので、
子供の意識をポジティブにする意識を持ったサポート
をお勧めします。

 

私立高校となればそれなりに高い費用を支払う
ことになるので少しでも成功に向かえるように応援しなければなりません。