不登校から立ち直ったその後の気遣い

 

不登校の子供が学校に通えるようになると、
よかった、もう大丈夫だと親は安心します。

 

ようやく肩の荷が降りると思っているかもしれませんが、
それは少し考え直さねばならないかもしれません。

 

不登校の子供が学校に復帰した時は、
かなり気を遣わねばならない時期となります。

 

それでなくても子供は、不登校時についた心の傷の
回復や復帰に向けて多大なエネルギーを使ってきています。

 

復帰とその状況維持にはさらにエネルギーを使うことになります。

 

 

不登校からの回復-完璧をいきなり求めてはだめ

 

せっかく復帰したのだから毎日通って欲しいと
思うのは親の気持ちだと思います。

 

ただ子供はその期待を苦しく感じたりしますし、
もしこの先また通えなくなったらという不安にいつも
晒されることになります。

 

ずっと神経を張り詰めた状態で生活をするのは
大人でも難しいことです。

 

これを続けてお子さんが倒れたりがんばりすぎたり
しないようにしっかりと見ていてあげることが必要です。

 

時には休んでも大丈夫だよと伝えてあげる

 

親が一生懸命では子供も息苦しくなってしまいます。

 

親自身も肩の力を抜いて、1日くらい休んでも
いいんだよと伝えましょう。

 

また、そのように気持ちよく言えるだけの
心の余裕を持てるように心がけましょう。

 

親としては将来のことが心配になることと思います。

 

ただ、全く通えなかった頃と比較すれば、たった1日や2日
行けなかったからといって人生で大きな影響が
あるということにはなりません。

 

がんばりすぎて息切れをすることにより、心に傷を
作ってしまうことの方が人生において取り返しの
つかないことになるのです。

 

不登校だったことにマイナスイメージを本人に持たせないように

 

不登校になった子供は、自分は何をやってもダメ
であると全部を否定してしまいがちです。

 

もし復帰してうまくいかないことがあった場合、
だからだめなんだと不登校だった自分を責めます。

 

うまくいかない理由を「不登校だから」とひとくくり
にするのは危険です。

 

自己否定感があると、心がそれに縛られて自由な
気持ちの変化をすることができなくなります。

 

親は、子供の気持ちを共感した上で、その自己否定感
を拭ってやる努力をしましょう。

 

そのままで大丈夫、○○ならできるよ、と、
子ども自身の力を信じて伸ばしてあげてください。

 

学校以外にも安心できる場所を

 

学校に復帰する時に大事なのが、学校以外にも
居場所を作ることです。

 

大事なのはそこが子供にとって安心のできる場所であることです。

 

学校がすべてになってしまうと、それがなくなったり
できなくなってしまったりすることに意識が
向かいがちになります。

 

もし、学校に通えないとしても、自分には他に
安心できるところがあると思えると、子供にとって
それは心の安定となるのです。

 

家庭でもいいですし、場合によっては塾などでもいいでしょう。