不登校での将来的な就職の不安

不登校の子供の就職と未来

不登校が続くと、今から将来的な就職などを心配してしまう親御さんも多いと思います。

 

不登校になったら人生が終わりではない

 

学生時代に何かしらに躓いてしまうことは誰にでもあります。

 

悩み、苦しみ、身動きが取れなくなるのが不登校です。

 

すべてを放棄したわけではないのです。そうはいっても
不登校になってしまった場合、親も自分自身も
社会不適合者なのかもしれないと考えて
しまうことでしょう。

 

でも本当にそうなのでしょうか。

 

学校を卒業しなければ生きる資格がなくなりますか?

 

誰にも奪われないのが生きるという資格です。
それとともに生活しなければならないという
使命も同時にあります。

 

学校がすべてではないし、学校にいけないからと言って
消えてなくなれるわけではないのです。

 

 

弱い子供が不登校になるわけではない

 

いじめで不登校になってしまったとしても、学業に
ついていけなくて不登校になってしまった場合でも
「不登校」はただ学校に通うよりもものすごくストレスを
受ける事になります。

 

要はそれに耐えられるだけの意思がしっかりあると
いう事です。

 

不登校になってしまった場合、どうしても腫物扱いして
しまいがちですが、不登校であることはきちんとした
意思表示だという事を認識しなければなりません。

 

ただ単に学校に通っている子供よりもストレスに耐えられる、
ましてやそのストレスに飛び込む勇気のある子供なのです。

 

好きな事で食べていける人はいくらでもいる

 

大人は「普通」を求め過ぎていると感じる事が多々あります。

 

でも成功者と呼ばれる一部の人達は大体がしっかりとした意思を持ち
、「普通」と呼べるような人ではないことが多いのです。

 

好きな事で食べていけるだけの精神力をしっかりと養うことが大切です。

もし無理やり学校に行かせてしまって未来を絶たれて
しまうくらいならば、好きな事で食べていけるような
勉強をしっかりさせましょう。

 

学校に行っていればまだ甘えられる時期も自分で
食べていけるようにしなければならないことを
理解させてください。

 

もし、不安があるのであれば
何かしらの対策を取って学校に行く、それでも
だめな時は何かをしっかり学ぶ事を約束することで
目標ができます。

 

目標は未来を明るくする光です。親にできる事、
しなければならないことはその光を見つける手助けを
全力でする事です。

 

まだ見ぬ将来を不安視させるのではなく、
未来に目標を持った明るい未来に向かった
子供を育てる努力をしましょう。