不登校の生徒に対する担任の対応とは?

不登校生とに対する担任の対応

不登校対応として担任の対応はとても大切なものです。
親からしても担任に理解を求めることも多いでしょう。

 

しかし担任の対応で状況はよくなるどころか悪化してしまうことがあります。
ここでは担任の悪い対応や適切な対応をご紹介していきます。

 

担任が不登校の原因を理解しようとしない

 

不登校になってしまう原因が担任である場合、自分の指導に
間違いはないと見直すことをしなかったり、自分のせいで
不登校になっているなんて思わない問題が増えています。

 

また、いじめられていることを相談されてもいじめられる方にも
原因があるなどと問題を解決しようとしなかったり、自分の評価を
気にして見て見ぬふりをするというケースがあります。

 

このような対応は全く理解しようとしないことになります。

 

いじめの相談をしてきてるということは自分のことは信じて
頼ってきてるということなのにそこを向き合おうとしなければ
子供にとって希望は消えてしまうのです。

 

不登校の原因を理解しているようでしていない

 

不登校の対応として担任が理解してくれないことが多いです。

 

担任としてはなんとかしてあげたい、そう思ってとった行動や
「頑張れ」という言葉は逆効果になってしまうからです。

 

不登校の生徒にとって行きたくても学校に行けないことや、
限界まで頑張っていたということを理解してあげることが大切です。

 

頑張っていたのをわかっていれば「頑張れ」などと
追い込むことは言わないでしょう。

 

不登校になった原因をしっかりと知るにはしっかりと
生徒の声を聞いてあげることです。

 

担任の不登校に対する適切な対応

 

不登校の生徒に対する担任がとるべき対応は、
生徒の気持ちに寄り添い不登校を理解することです。

 

そのためにはまずは話を聞いてあげることが大切です。

 

訪問した時には直接お話をし、訪問が無理な場合は
電話でもいいので担任から声かけをするようにしましょう。

 

もし自分が原因であれば自分の行動を見直し、誠意ある行動をとるべきです。

 

間違っても「学校に来ないか?」などとしつこく言って
圧力をかけないようにしましょう。

 

親の立場でもし子供の担任が何も協力してくれないといった場合や、
担任が子供と合わない人である場合、他の教師や校長に相談しましょう。

 

特に暴力や差別がある担任であれば他にも被害に
あっている子供もいるでしょう。

 

そうなれば学校の対応というのはとても大切になります。

 

不登校の生徒に対する段人の対応のまとめ

 

不登校になる子供に対する担任の言動はとても大切です。

 

クラス問題に関わらず、担任である以上担任が原因になって
不登校になる場合もあるということです。

 

そういったケースが増え、対応が問題になっているため
子供にとって安心感のある学校作りが一番大切なのです。