不登校だった芸能人・有名人とは誰だったのか?

不登校だった芸能人・タレントさんとはだれだったのか?

春休みや夏休み、冬休みなどは不登校の子、学校が
しんどい子たちにとっては堂々とゆっくりすることができる
貴重な長期休みだと思います。

 

不登校はマイナスに捉えられることが多いですが
本当にそうなのでしょうか?

 

『不登校=未来がない』そう思われる方もいるかも
しれませんがそうではないんですよ。

 

芸能界にも、過去に不登校だった人がたくさんいます

 

そこで今回は、不登校だった有名人について紹介します。

 

 

マツコ・デラックスさん|不登校と芸能人

 


マツコデラックスさんも、過去不登校だったことを
テレビ番組の中で明かしたことがあります。

 

イジメではなく、精神的に大人だったマツコ・デラックスさんは
『周りに合わせるのがつらくなっちゃったの。子供でいるのが
疲れちゃって、学校の雰囲気が嫌になっちゃったの』と
言う理由です。

 

分からない事もないですよね。

 

だけど、マツコ・デラックスさんは
『なんかもういいやって思ったの。仲良くする必要もないし、1人で生きてりゃいいやって』

 

という理由で復帰したそうです。自分で、気持ちを切り替えて、
前思ってた事を捨てて復帰したのは凄いですよね!

 

小栗旬さん|不登校と有名人

 

花より男子、銀魂、貧乏男子に出演されていた

イケメン俳優の小栗旬さん。

 

けど、そんな小栗旬さんにも辛い出来事がありました。

 

『中学時代、机の中にゴミを入れられたり、自分の
私物だけでなく机やイスまでがクラスメートに捨てられて
いたことがあったそうです。

 

そのため、登校拒否となり、卒業式にもでられなかった』そうです。

 

少年時代は人見知りも激しかったみたいなので、
標的にされやかったのでしょうか。

 

指原莉乃さん

 


指原莉乃さんもいじめで、不登校になったそうです。

 

初めは廊下ですれ違うと、意味もなく爆笑されたり、
陰で悪口をいわれたり、私が歩いているだけで
、『ちょ〜ウケるんだけどお』って、意味わからないですよね。

 

悩んだりとか、悲しいとかは思わなかったそうです。

 

部活は楽しかったしただめんどくさいと思ったらしいです。

 

なんでこんなことするんだろう。私の何が気に入らないんだろうって。
前向きに考えていたそうです。

< />< p="" />< />

>中川翔子さん|不登校と有名人

 

中学のころ中川翔子さんはずっと『死にたい』と思っていたそうです。

 

無視されたり陰口を言われたりするのが辛くて
結局卒業式も欠席しました。

 

1人で絵を描いていたら『キモイ』と笑われた事もあり、
『お前に言われる筋合いはない!』って言い返したかったけど、
言葉が出てこなかったそうです。

 

言い返すのはすごく勇気が必要ですよね。

 

千原ジュニアさん|不登校と有名人

 

そして、千原ジュニアさんも不登校だった過去があります。

 

千原ジュニアさんはいじめられてて不登校になったのではありません。

 

千原ジュニアさんは進学校に進学しましたが、
上手く馴染むことができませんでした。

 

友人も居らず、教師との折り合いも悪かったそうです。

 

ある日高校に行った時に『もうこんな所にいても、自分は
何も得るものはない』と思い、帰り道で制服を脱ぎ捨てました。

 

そして、それ以降学校には行っていません。

 

宮本亜門さん|不登校と有名人

 


宮本亜門さんは小さい頃から自分が普通ではないと
感じていたそうです。

 

ですが、学校では『普通』を求められますよね。

 

『普通』という事を大切だと思わせる雰囲気。

 

 

そこで、宮本亜門さんは友達との違いを感じながら
何とか合わせなきゃという思いで生活していました。

 

ですが、それが上手くできません。

 

それから『学校はこうするとこうなるよ』というルートを
決めてしまうところがあってすごく宮本亜門さんには
つらかったそうです。

 

不登校だった有名人のまとめ

 

実はこのほかにも不登校を経験した方はたくさんいます。
タレントの伊集院光さん、吉木りささん、チュートリアルの徳井さんも
不登校経験者です。

 

不登校になる理由は様々です。いじめであったり、
学校が合わなかった、決められていることが辛かった
、周りについていきたくなかった、などたくさんあります。

 

『不登校』というのは決していけない事ではありません。

 

不登校だったからこそ学べる事もたくさんあります。
なので、『不登校だから……』という言葉は言わない
ようにしましょう。

 

その人はその人なりにしっかりと戦っているのです。