中学生で不登校になると将来どうなるのか心配な両親へ

<% module(上 レスポンシブ) %>
いろんな要因で学校に行けなくなっている
子供がいます。
私の妹は現役の教師で、小学校、中学校、高校
での経験がありますが、どの学校でも不登校の生徒は
学年に1人はいたと言っています。
不登校になると、学校に行けなくなった子供本人
はもちろん、親としても子供の将来が不安で
たまらないと思います。
特に中学生というのは思春期真っ只中で、
成長過程でとても大事な時期です。
この時に不登校になると、人間形成の面でも
大きな不安があると思います。
しかし、私の妹曰く、中学で不登校になっても、
努力と周りの支え次第で将来はなんとでも
なると言います。
今回は、現役教師に聞いた中学で不登校の
子供の将来について、そして子供のために
出来ることについてお話します。

中学では不登校でも卒業できる

高校とは違って義務教育である中学では、
不登校で出席日数が少なくても卒業する
ことが可能です。
そのため、進学を諦める必要はありません。
実際に1年の3分の2ほど欠席していた生徒でも、
卒業式も出ずに卒業してできているようです。
<% module(中レクタングル) %>

中学が不登校でも進学は可能

中学が不登校だと高校には行けないのでは?
と不安になる親は多いようですが、本人の努力次第で
進学は可能なようです。
ただし、不登校になった原因にもよりますが、
普通に進学するのではなく、定時制や
通信制の高校に通うケースが多いです。
しかし、例え定時制や通信制であっても、
きちんと通って卒業さえすれば正式な
高校卒業資格をもらます。
ですので、全日制の高校に通っていないから
といって負い目を感じる必要はありません。

大学への進学も可能

定時制や通信制の高校でも卒業すれば、学力次第
では大学への進学も可能です。
ただし、大学受験に特化した授業はおそらく受けられない
ので、自身の努力が必要になります。

中卒の就職は厳しい

高校に進学せず、中卒で就職することは難しいようです。
日本は未だに学歴を重視する企業は多いです。
もし就職できたとしても、働ける業種が絞られている
ため自分に合わない仕事をしなくてはならなかったり、
給料が低かったり、条件が悪いケースが
少なくありません。
また、不登校の期間が長いと他人と関わることが
苦手になることが多いため、職場で同僚と
コミュニケーションをうまく取れずに仕事を
辞めてしまうこともあります。
<% module(中レクタングル) %>

子供のために親ができること

不登校になった子供は、本当は進学したいけど無理
なのではと諦めていることがあります。
ですので、定時制や通信制の高校を選ぶ
選択肢を与えてあげてください。そして、中学で
学校に行っていない期間は、勉強のサポートを
してあげてください。
授業に出ていない分、基礎学力が低下します。
その状態では、もし高校に入学できても勉強
についていけず、挫折してしまい、結局高校卒業資格を
取得する前に辞めてしまうことになるかもしれません。
他には、他人と最低限交流ができるように、子供のペース
に合わせてコミュニケーション力をつけさせてあげてください。
一緒に買い物に行ったり、児童館や図書館に行ったり
して少しでも社会に交わるようにし、他人と会話させる
機会も作りましょう。
「中学生の不登校の子供の将来」のまとめ
不登校になったからといって、将来が暗いとは限りません。
立派な企業に入った人や、結婚して子育てしている人もいます。
ですので、できれば学校に行ってほしいものですが、
あまり学校に行くことを無理強いはせず、子供の
ペースで将来に向かって出来ることを一緒にやって
みてください。
<% module(下レクタングル) %>

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました