基本4事項ができるだけで偏差値は相当上がるのだが……|中学受験

家庭教師が気が付いたこと

私の国語の指導として「基本作業4項目」というものがあります。

今回はこのお話を少しだけしてみたいと思います。

生徒たちにノートの最初のページに大きな字で「基本作業4項目」というものを書かせています。

それは非常に簡単な内容で、暗唱する事が可能です。

そして授業の冒頭では必ずこの基本作業4項目を音読させています。

授業でももっとも重視するのが、この4項目の作業です。

この作業ができるようになるとそれこそ偏差値が1.5増! もちろん、元々偏差値が60あった生徒が90になるわけではありませんが、偏差値50の生徒が75になるのは何度も、何年も見てきています。

ところが多くの生徒が模擬試験になると、この4作業ができなくなってしまうのです。

みなさん、ここで興味があるのが、その4作業とは何か? ですよね? 残念ながらこれは私が開発したトップシークレットなので無料で教えるわけにはいきません。

もしご興味があれば私を雇ってください(笑) いずれ書籍にして世に出したいとは思いますが、それも来年以降になるでしょうね。

簡単な基本4項目|中学受験

これは本当に簡単な事なので、大人であれば誰でもすぐに実践する事ができます。

ところがところが、子供たちにとっては非常に難しいらしいのです。

例えて言うなら「横断歩道をわたる時には信号を見て右を見て左を見て安全確認ができてから渡るのよ」と言っても、なかなか実践出来ないのと同じくらいです。

こんなこと本当に簡単でしょ? 誰でもできると思いますよね?

ところが子供たちは試験監督が「よーい始め!」と言うと、それができなくなってしまう。不思議ですよね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました