帰国生入試の英語のポイント|中学受験

受験勉強のコツ

グローバル化にともない、帰国生が増えています。そして多くの中学では帰国生用の枠を設けています。

そこで今回は、帰国生のための英語のお話をしたいと思います。

いま、私が見ている生徒さんは物心ついたころから小5までアメリカで生活していました。

こうなるとほとんどネイティブアメリカンと言ってもいいくらいですね。

さて、そんな生徒に英語を教えるなんて、おかしな話ではないのか? そうですよね。

ところがところが、意外にもネイティブに近い子ほど、英文を理論的には理解していないんですよね。

これはちょっと考えてみればすぐにわかることです。

みなさんは今使っている日本語を文法的に説明出来ますか?

できないのが普通だと思います。

そして、もし国語を文法的に理解していなければならない問題を解かなければならないとき、どうしますか?

雑誌などを読むとき、一語一句を丁寧に読みますか? ざっと読んでいませんか? それが普通ですよね。

読んでみて大雑把に頭に入っている程度ですよね。

これは日本語だからとか英語だからとか、という問題ではないと思います。

しかし入試という観点からすれば、これらを文法的に説明出来なければならないし、和訳にしても英訳にしても一語一句を丁寧に訳さなければなりません。

やはり会話ができるのとテストで点を取るのとは全然違うんですよね。ここはしっかりと理解しておいてもらいたい所だと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました