塾選びがまずは大事|中学受験

|いわゆる4大塾と呼ばれるサピックス・早稲アカデミー・四谷大塚そして日能研。

中でもサピックス人気は非常に高いですね。

でも、サピックスに入ればそれでいいのか? というお話をしたいと思います。

 

現在この4強はきれいに住み分けが行われていると感じています。

 

つまり御三家を狙うサピックス、中堅~上位中学を狙う早稲アカ、四谷。

そして下位から中位までの日能研

 

ここを間違えると中学受験に失敗してしまいます。

 

たとえば偏差値50前後の中学を受験するのにサピックスに通ってしまうと、教材が難し過ぎて付いていけない。

御三家を狙うのに日能研に入ってしまうと教材と講師の力不足で成績が伸びない。こんなことが実際に起きているのです。

 

 サピックスの教材はあまりにも御三家、特に開成中学を意識しすぎ。開成中学受験を大前提として作られているため、中堅校を受けようとしている生徒にはあまりにも難しい。

 

これは国語に限った話になるのですが、とにかく記述、記述。

開成中学の問題を見たことのある人ならご存知の通り、確かに開成中学の問題は記述オンリー。だから授業の中心は記述。

 

だから逆にサピックスの生徒は選択肢問題が苦手。選択肢の罠にコロコロはまってしまいます。

 

もっと言ってしまうとサピックスの中でも記述をきちんと教えることが出来る先生はごくわずかなんですよね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました