遠隔オンライン授業(その1)|中学受験

いまだに終わりの見えないコロナウイルスとの闘い。学校が休みになり、塾が休みになりどうやって勉強を進めれば良いのか不安になっている方も多いと思います。

 

そこで今回はオンラインによる家庭教師に関するお話を少ししてみたいと思います。

 

距離が離れていても、また今回のように他人と接触したくないときなどに有効なのがオンライン家庭教師です。オンライン家庭教師として有名なのが一橋セイシン会です。

 

オンライン家庭教師について | 私立専門・オンライン家庭教師のメガスタ
私立校の定期テスト対策専門の家庭教師を紹介。 全国の私立中学・高校、中高一貫校、付属校の補習、定期テスト対策、内部進学対策に対応。私立のカリキュラム・授業内容・教科書に準拠した指導で、お子さんの成績を必ず上げる家庭教師です。

 

私もこれまで首都圏から離れている生徒さんをこちらのオンライン授業で見た経験があります。

 

その生徒さんは開成中学を目指していたため、学校に行く前の早朝5時から授業をしたことを今でも覚えています。正直、つらかった(笑)

 

 お互い画面を通して顔もわかるし、声もわかる。だから普通の家庭教師と変わるところはないのですが、それでもメリットデメリットはやはり存在します。

 

 メリットはやはり生徒さんがどこに住んでいても問題がないということ。これは講師にとっても生徒にとっても同じことが言えます。

 

また今回のコロナウイルスのような場面、あるいはインフルエンザ流行期でも伝染する可能性がゼロだということ。

 

 また、授業の時間が自由だということ。先ほどの例にもあるように早朝5時からのスタートだって可能です。

 

 デメリットとしてはある程度の機材を用意しなければならないということ。これは確実なデメリットですね。

 

 今後、コロナ問題が長期化するようであれば、オンライン家庭教師も検討する価値は十分にあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました