偏差値別の家庭教師利用法

今回はお子さんの偏差値に合わせた家庭教師の選び方などについてお話ししたいと思います。

これまで学生家庭教師や本業家庭教師、兼業家庭教師についてお話してきました。

 

では、学生家庭教師がまったく使えないのか、あるいはプロ家庭教師が万能なのか、その辺についてお話してみようと思います。

 

以下は国語に関してのお話です

 

お子様の偏差値が40以下の場合、学生家庭教師で十分です。

 

40以下の偏差値と言うことは語彙力不足などが当面の問題だと思われます。

 

そうなると授業中に教えるというよりは宿題などの自宅学習が重要となってきます。

 

先生が宿題を出し、次回の授業で確認テストを行うという流れで語彙力を高めていくしかありません。

 

読解力は、語彙力がある程度あるということが大前提となりますので。

 

偏差値40以下のお子様にプロを雇ってもやることは変わりません。

 

学生よりもはるかに高い授業費はあまり効率の良いものとは思えません。それなら学生家庭教師あるいは個別指導塾でいいでしょう。

 

偏差値50前後になると、ふたつのパターンが考えられます。

 

読解センスがあるが語彙力が足りないというパターンと漢字語彙力などは身についているが読解力(というより解答力)がないというパターンです。

 

語彙力が足りない場合は学生家庭教師でも個別指導でも構いません。逆に語彙力があるのに読解が苦手となると、これはプロ家庭教師の出番です。

 

偏差値60前後になってくると個別指導や学生家庭教師では難しいと思います。

 

プロの家庭教師が適任だとは思いますが、プロの中でも本物のプロに出会えるかどうかが問題となります。

 

偏差値60前後で家庭教師を雇うということは、目標は当然偏差値70オーバーということでしょう。

 

ということは記述をしっかり指導できる家庭教師でなければなりません。

また、選択肢問題などについても理論的に解答できるテクニックを持っていなければなりません。

 

偏差値70前後の生徒さんなら家庭教師は不要でしょう。当然ですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました