自分の言葉を使って……言い換える|中学受験の国語

家庭教師が気が付いたこと

記述式の問題の中で「自分の言葉を使って」という問題をたまに見かけます。

そこで今回は「自分の言葉を使う」方法についてお話ししたいと思います。

サピックスの授業の中で多用される「それを言い換えると」ですが、今回のような問題の場合には有効です。

ただ、間違えてはいけないのが「自分の言葉を使って」という問題に限ってです。たとえば次のような文があったとしましょう。

新型コロナウイルスは収束するどころか日に日に拡大しているように見えます。

これを「自分の言葉を使って」言い換えてみましょう。

今回は大人向けなのでCOVID19という単語を使ってみましょう。

COVID19の感染者数は収まる気配を見せず、毎日のようにその数は増え続けているように思える。

「新型コロナウイルス」を「COVID19に置き換えました。

「収束する」を「収まる」に言い換えました。

「日に日に」を「毎日のように」と言い換えました。「

拡大している」を「増え続けている」に言い換えました。

「見えます」を「思える」に言い換えました。

これで完成。これが「言い換え」です。

ただ、これが「本文中の言葉を使って」とあれば、徹底的に本文中の言葉を使いましょう。とくに本文中に使われている漢字やカタカナは絶対です。言い換え厳禁ですよ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました