記述ほど楽な問題はない|中学受験の国語

国語

今回は多くの生徒が嫌がる記述式問題についてお話ししたいと思います。

記述問題を嫌がるどころか記述問題には一切手をつけない解答用紙を見ることさえよくあります。そのような生徒にはこんなお話をします。

選択式の問題の場合、答えはマルかバツであり、三角とか部分点など存在しないんだよ。

選択問題と比べると記述問題は点数が大きいんだよ。選択問題に正解しても2点、記述式の部分点でも2点以上もらえる事はよくあるんだよ。じゃあどうする?

頭では理解しているのですが、それでもなかなか記述問題に手が出ないことがよくあります。

それは生徒が何を書けばいいのかわからなくなってしまうからです。

「何か書け」と言われても、そんなに簡単に書けるわけがないですよね?

だから考えちゃいけないんです。機械的にただただ淡々と本文に使われている言葉をつなぎ合わせればいいだけなのです。

そんなことで点がもらえるの? そう思いますよね。そこで次のような言葉を思い出してください。「文章中の言葉を使って書きなさい」これが何を意味しているのか? おっと、これ以上書くと私の生徒さんたちに申し訳ないので、ここまでにしておきます。それではまた!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました