国語の偏差値が一ヶ月で20アップ!|中学受験の国語

先月から教え始めている生徒さんの偏差値がわずか一か月で20も上がりました。そこで今日はそのお話をしたいと思います。

私が教え始めて、突然のように偏差値が大幅にアップする生徒さんと、なかなか伸びない生徒さんにわかれます。どこが一番違うのでしょうか?

今までの塾などでの教わり方に問題があるケースがよく見られます。

塾の国語の授業は大好き、だけど成績が伸びない。これが一番厄介ですね。この場合は国語の講師に教えるだけの能力が足りないということが考えられます。

これまでにもお話ししたように、国語を教えるだけの技量を持った講師があまりにも少ない。

なんとなく教えることができても具体的な点の取り方をおしえてくれる講師は、まず存在しない。

本当に存在しませんよ! なんとなく授業が始まり、なんとなく解説らしきものがあり、なんとなく授業が終わる。

こんな国語がほとんどです。授業というよりも読み聞かせに近いような(笑)

ところがそういう講師ほど、人気取りはうまい。だから困る。

技術は学べないけれど、授業は受ける。でも、そもそも授業になっていない。それどころか間違った教わり方をしてしまう。

もはや「洗脳」ですね。洗脳されてしまうと、直すのが本当に大変。なので私が教えてもなかなか悪い癖が治らず成績が伸びない。

ところがこんかい、成績が大幅にアップした生徒さんの場合、塾に通っていなかったので変な癖がついていない。

つまり私の教えたことを素直に受け入れてくれる。だから成績が突然飛び跳ねる。

もし、私の授業を受けたいのであれば頭をリセットしてもらいたいですね。

真っ新な状態にしてもらえば偏差値70まで持っていくのは難しくありません。

ただ、一つだけ条件があります。それは漢字や語彙などの基礎知識だけは叩きこんでおいて!ということ。これさえできていれば難しい話ではありませんからね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました