傍線部分を説明せよ

いわゆる難関中学の国語の問題として多いのが「傍線部分を説明しなさい」という問題です。そこで今回はこのパターンの解き方と勉強方法についてお話ししたいと思います。SAPIXが大好きなパターンですよね。

これも極端に言ってしまうと語彙の問題になります。つまり傍線部分を別の言葉に置き換えればいいのですが、傍線部分に使われている言葉の類義語や反義語などを知っていれば良いのです。例えば次のような傍線部分があったとしましょう。

(問題)近い将来の地球について考えたら、宇宙に出ることで人類存続のために貢献できた。

これを言い換えるとこんな感じになりませんか?

(解答例)近未来の地球のことを想像してみたら、大気圏外から地球を見ることで人類が滅亡することを防ぐことができた。

「近い将来」の類語として「近未来」を、「宇宙に出る」の反義語として「大気圏外から地球外を見る」という言葉を使いました。そして「人類存続」を裏返して「人類が滅亡することを防ぐ」としてみました。このように反義語、類義語を使うと説明として使えるのです。

それでは次に簡単な勉強方法をご紹介しましょう。私が独自で作り出した方法なのですが、どこにでもある国語の問題を用意します。すると、選択肢問題があるはずです。それを使って上のように言い換えるだけなのです。ちなみに今回用意した問題も、ある問題集の中にあった選択肢問題の一つだったのです。

傍線部の説明問題のコツは傍線部の言葉を類義語、反義語で説明するということです。「死にたくない」は「生きていたい」だし、「勉強したくない」は「遊びたい」でしょ?そのためにも類義語、反義語はしっかりと勉強しておいた方がいいですよ!

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました