四つの基本作業

私の国語の授業では「四つの基本作業」と言うものを重視しています。そこで今回はこの「四つの基本作業」についてお話ししたいと思います。

私が授業を教えるときにまず最初に教えるのが「四つの基本作業」です。これはとてもシンプルな作業で、誰にでも簡単に理解でき、しかもすぐに実践できる内容です。ところが、これができない! 大人から見たら「こんなもの一瞬で覚えられるだろう」と思うようなものであり、すぐに実践できると思われるものです。

この「四つの基本作業」こそ私の国語の授業の真骨頂なのでここでお話しするわけにはいきません。どうぞ悪しからず。正直、これができるだけで偏差値60は軽く突破してしまいます。これは過去の実例からも証明できるのです。この基本作業で解く事ができないのは開成中学の問題くらいです。開成以外の中学であれば、この基本作業だけで十分に合格点に到達してしまいます。

どうしてこんなに簡単な基本作業ができないのだろうか? 本当に不思議です。難しい作業であればできなくても不思議ではないのですが、ものすごく簡単。それでもできないんですね。

一方で、四つの基本作業ができるようになると面白いように成績が上がる。本当に成績が飛び跳ねる。何とももどかしい。

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました