国語の公式だけで過去問をやらせたら……

教え始めて1年以上経過する生徒さんがいます。多分、記憶系に何かしらの障害があるのではないかと思える生徒さんです。漢字が全く成長しない。一般的には数度繰り返せば覚えられるはずの漢字も覚えられない。漢字が書けないだけではなく、読むこともままならない。それだけではなく諺も覚えられない。一つ一つ丁寧に教えても次の瞬間には忘れている。しかも本人は至って真面目。残念なことにこれは記憶系に何かしら障害があるのではないでしょうか?

そんな状態ですから国語の読解にしても普通のやり方ではほぼ不可能。しかし受験まで残り80日という段階で逆転合格させるには奥の手を使うしかない。そこで昨日は「本文を読まずに国語の公式だけで問題を解く」という作戦に出ました。本文を読まなくていいから、時間が大幅に短縮できる。しかも公式を使うので頭を使わずに、決められた作業をするだけで答えを導き出すことができる。

さて、その結果ですが、85%の正解率。余裕で合格点を突破です。正直、国語の公式を使うだけで問題に取り組ませるのは嫌だったんです。やはりある程度は本文を読みながらの方が良いと思っているんです。公式を作り出した本人がこんなことを言ってはいけませんよね。でも、やはり公式は鉄板だったんですね。生徒も母親もびっくりです。私も少し驚きました。まさか漢字の読み書きすら危うい生徒さんが、ここまで点を取れるとは思っていなかったからです。しかし、これで私も自信から確信へと変わりました。多分、イカサマ扱いされるでしょうし、反対もされるでしょう。しかし、これを世に知らしめなければならないと思っています。

国語なんか読めなくても解ける! 公式さえ使えれば合格点は取れる!

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました