国語の問題はAIで解けるのか?

昨晩、吉沢亮主演のAWAKEという映画を見ていて、ふとこんなことが頭をよぎりました。「AIで読解問題を解けるのだろうか?」。中学受験に限って言えば答えは「YES」でした。

算数、理科、社会はAIあるいはネットを使って正解を導き出すことは可能でしょう。ただ、国語の場合、漢字や知識などはネットを使えば正解を得られますが、果たして読解はどうなのか?

満点を取ることはまず不可能と言えるでしょう。なにしろ記述の問題がありますから。しかし選択肢問題や抜き出し問題などに関しては限りなく100%に近い正答を得ることができるはず。

残念ながら私にはプログラム能力がないので国語のAI化は不可能なのですが、プログラムの知識さえあれば少なくとも合格点を叩き出すことは可能でしょう。コンピューターにやらせるのですから、いくつかの公式さえインプットすればできるはず。

私の生徒さんなら知っていますよね。例えば「三文字以上の●●●●は答えに使われやすい」。このような公式をコンピューターにどんどんインプットしていけば、コンピューターが読解問題から正解を出すことは可能なはず。

プログラム化してみたいけれど、実現したら中学入試の国語の問題は大革命が起きるんだろうな。

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました