志望校決定の時期

9月も中旬を過ぎ、志望校をそろそろ固めていこうかというご家庭も多いかと思います。そこで今回は志望校決定にあたっての何かしらをお話しできればと思います。

志望校を決定するにあたって偏差値ばかりを気にしていませんか? 偏差値は志望校を決める一つの目安としてとても重要です。しかし偏差値ばかりに目を取られてもいけません。それは「相性」があるからです。

そこで一つ重要になる事があります。皆さんのご家庭では、通っている塾の模試しか受けていない、ということはありませんか? 国語に限ったお話をするのですが、例えばサピックスの模試しか受けていないと、成績は「記述力次第」という事になってきます。例えば海城中学を受験するとしましょう。海城中学は選択肢問題ばかりであり、記述はごくわずか。つまり選択肢問題が得意な生徒に有利というわけです。サピックスの模試で選択肢の正答率は低いが記述で点が取れるから、総合的な偏差値としては成績が良いという場合でも、海城中学の試験とは相性が悪いと言えるわけです。

逆に開成中学を第一志望としている場合、いくら選択肢問題が得意だったとしてもあまり意味がありません。何しろ開成中学は記述の問題ばかりだからです。選択肢問題の多い四谷大塚などの模試でいくら良い成績を取れてもあまり意味はないという事なのです。ですから志望する中学によって受ける模試も変えるべきなのです。

さて、話を元に戻しましょう。我が子が記述が得意なのか選択肢問題が得意なのかをしっかり見極めましょう。これが相性です。記述問題が苦手なのに偏差値だけを基準として選んでしまい、記述中心の学校を受験したらどうなるか? 逆に選択肢問題が得意な子が選択肢問題ばかりの中学を受験したらどうなるのか? 偏差値とは違った結果が生まれますよね。こういうこともとても大事なのです。

偏差値だけで判断するのではなく、過去問を使って相性を判断し受験校を決定する。これが大事ですからね!

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました