来年こそは読解の公式本を出版するぞ!

ここ2年ほど、暇を見つけては読解に関する公式をまとめてきた。そしていずれ本として出したいと思っていた。2年前にはほぼほぼ完成に近いものにまで仕上がっていたのだが、そこから足踏みが始まり2年という時間を無駄に過ごしてしまった。いや、決して無駄に過ごしてきたわけではない。生徒に教えるという需要な仕事をしてきたのだから。とは言っても、読解の公式本を世に出すということに関していえば無駄に過ごしてきた。

私の頭の中にある「この本」を世に出したらどうなるのか? 多分、非難轟々。特に受験界などからはインチキ扱いされることになるでしょう。下手したら「これはこんなにも使えない」みたいなタイトルでブログなどにアップされるかもしれない。正直、それは面倒臭い。それもあるからなかなか前に進めないのだ。

SNSなどの誹謗中傷で嫌な思いをするくらいなら、平和な暮らしのままの方がいいと思う。実は私は「家庭教師」という仕事から得られる収入の数倍の収入源を別に持っているので、出版でお金を稼ごうという気持ちはサラサラない。いや、それどころか家庭教師という仕事で稼ごうという気持ちもサラサラない。実の所、家庭教師をやめてしまえば今よりさらに数倍の収入が得られるのだから、何のために家庭教師をやっているのか疑問でさえある(笑)

こんなことを書いていると黒崎さんが来てしまうので、やめておいた方がいいだろう。黒崎さんて誰? それは「半沢直樹」で登場する「国税」の黒崎さんです。

閑話休題。とは言っても、何かしらこの世に残したいと思っている。その筆頭となるのが私の名義の出版物である。利益のためではなく、私が存在したという証拠のようなものを残したいからである。そのためにはもう少し頑張ってみようかな。

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました