模試の成績に一喜一憂しないで

こんにちは。9月に入り、受験生にとっては模試のシーズンとなりました。サピックスや四谷大塚、日能研に首都もしなど毎週色々なところで模試が行われています。そこで今回は模試に関するお話をしたいと思います。

一つ、真剣に受け入れて欲しいことがあります。それは所属する塾系列のもしばかり受けないことです。模試はそれぞれにクセがあります。例えばサピックスに通っているからと言ってサピックスの模試しか受けない、というのはよくないです。理由は二つ。サピックスの問題形式に慣れすぎてしまう事と、受験の雰囲気に慣れすぎてしまう事。これはもちろん、早稲アカだろうが日能研だろうが同じ事です。模試のいいところは普段と違う緊張感の中で実力を試せる事です。ところが普段からサピックスに通っていると模試が行われる場所もまわりは知人だらけ。同じ教室に顔見知りがいるだけでどれだけ安心することか。普段通っている塾とは違う系列の模試を受けると、完全にアウェイでやっている感じになります。アウェイでどれだけ普段通りの力が出せるか、というのがとても大事になります。

さて、模試を受けて成績に一喜一憂してしまう子供達。そりゃ点がとれたら嬉しいし、取れなければ落ち込む。でも、そんな必要はないのです。それよりももっと大事なことがあります。それは「自分自身による振り返り」です。点がとれなかったということは普段の力が出せなかったということです。では、何が原因で普段にように点がとれなかったのか?時間配分を間違えたのか? 緊張したのか? あるいは普段の解き方と違うやり方をやってしまったのか? こういった根本的な原因を自分自身で見つけることが大切です。そして根本的な原因を解決するためには何をしなければならないのか、まで自分で考える必要があります。これは親が言っても意味がありません。自分で根本原因を見つけ出し、自分で解決しなければならないのです。これが成長です。

残り少ない模試シーズン。大切にしてください!

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました