社会の時事問題について

毎年、年末が近づくと各社から時事問題に関するテキストが発売されます。そこで一足早く、時事問題に関するお話をしたいと思います。

時事問題とは直近一年間に世の中で起きた出来事に関する問題のことです。国内外を問わず、政治やスポーツなど様々なジャンルから出題されます。そこで、まずは押さえておきたいポイントから。

決まり事ではありませんが、10月末日までに起きた事柄はその年の「時事問題」として出題されます。例えば昨年で言うと沖縄の首里城火災が起きたのが10月30日の夜でした。何ともギリギリなタイミングでした。今年も10月30日までの出来事にはチェックしておくべきです。

例年であれば世の中で起きた様々な事が取り上げられるのですが、今年に関していえばコロナで始まりコロナで終わったと言ってもいいでしょう。まずはコロナ関連の話題には注意が必要です。同時に東京オリンピックが中止になった事。それに関連してオリンピックの歴史なども問われる可能性が大きいです。特に過去オリンピックが中止になったケースやボイコットが起きたケースなども注意すべきでしょう。

安倍総理大臣の退任なども重要な話題です。あるいは菅総理大臣就任も大きな話題です。菅総理大臣は法政大学出身なので、法政系列の中学を受験する人は要注意です。

コロナに関連すると地球全体を俯瞰すると言う観点も必要です。特に観光や交通などは注意が必要でしょう。あるいはスペイン風邪などについても知っておくといいかも。記述などで狙われそうですね。

アメリカでは黒人差別問題がクローズアップされるでしょう。ノーベル賞も毎年狙われるテーマですが、今年は日本人の受賞者がいないようなので、注目度は低いかも。

新語ではGO TO〜は注意です。Eat、Travelを選ばせる問題が出てもおかしくはないかも。カタカナでイート、トラベルかもしれないですね。

NHKの大河ドラマ、朝ドラも狙われる事がありますので注意しておいてください。昨年は開成中学の社会の問題で「西郷どん」が出されましたよね。

まだ、他にも色々とありそうなので今月末までの世界の動向にはご注意を!

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました