算数は楽だなぁ、と思ってしまう

国語と社会が専門であるにも関わらず、毎年なぜか算数まで教える事になってしまうことが多いので、今回は算数に関するお話を少々。

国語の教え方に関しては日本で一番だという自負があるのですが、算数に関しては完全に平凡。並ですね。家庭教師センターでも算数のプロをご家庭に派遣しているはずですが、それでも私に見てもらいたい、というご家庭が続出なのです。自慢話はこの程度にして(笑)、算数のお話を少々。

算数を教えていて感じる事は「国語に比べると教えるのが楽だなぁ」ということ。問題をパッと見て一瞬で正解が出せるのですから、これほど楽な事は無い。国語なんかは漢字こそ一瞬で答えが出せるものの、読解問題では必死に考えないと正解にたどり着けない。これはきつい。

理科系のおかあさんたちが私が一所懸命国語の問題に取り組んでいる姿を見て不思議そうに思うのは、これが原因なんですよね。理科系の問題は正直なところ間違えようがない。しかも開成などの難関中学の問題でもないかぎり、考えるまでもなく答えが出せちゃう。国語はこうはいかないんですよね。

過去問に取り組む時期になると国語は大変。しっかり予習していかないと解説できない。算数理科社会なら、大丈夫なんですけれどね。というわけで、家庭教師の中でもっとも大変なのは国語ではないだろうか? というのが今回私がお話ししたかったことなのです。

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました