読解問題は本文の読解ではなく、設問の読解だよ!

読解問題で多くの先生方は「本文が読めていない」などと言います。しかし私に言わせれば本文が読めていないのではなく、「設問」が読めていないのです。そこで今回は「設問読解」についてお話ししたいと思います。

ある中学の過去問にこんな問題がありました。

「白い壺のようなもの」に入っているものは何だと考えられますか。五字以上十字以内で答えなさい。

この設問のままだと頭を抱え込んでしまう生徒がいます。しかし、ちょっとしたことで解決することができるのです。それは「設問をわかりやすくしてしまう」という作戦です。例えば上のような問題をもっとわかりやすくしてみましょう。

「白い壺のようなもの」に入っているものは何?

こうするだけで答えやすくなるのです。では逆に難しくしてみましょうか。

「白い壺のようなもの」とありますが、筆者は白い壺の中にどのようなものが入っていることを想定しているのでしょうか? 本文の内容から推測できることを答えなさい。

ほら、ね。同じことを聞いていても書き方ひとつで簡単になったり難しくなったりするのです。だから設問を自分がわかりやすいように書き換えてみると答えは思ったよりも簡単に導き出すことができるのです。是非試してみてください。

 

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました