雑な性格の子は成績が伸びない

今回は「雑な性格の子は成績が伸びない」というタイトルでお話を進めたいと思います。

国語に限ったお話となることをまずはご了承ください。まずは字が雑、という子のなんと多いことか。これは親御さんにかかっていると言い切ってしまいます。家庭教師としてできる限界は「注意する」ことまで。叱ることはできません。皆様もご存知かと思いますが、子供は注意だけだとなかなか聞いてくれません。ガツンとやられなければ治らないことも多々あります。ガツンとできるのは親御さんなんですよね。家庭教師がやると、まずトラブルになる。それは言葉だけでさえトラブルとなる。だから字を丁寧に書かせるようにするには親御さんの協力が必要となってくるわけです。

字が雑だと、勉強に対する姿勢も雑になります。そして問題に対する時も雑な態度になります。雑な態度で設問に向かうと選択肢問題などでも雑に選んでしまいます。そしてバツをもらう。

雑な行動は「男の子だから」などという言い訳で済ませてはいけません。そこは直さなければいけないところです。雑な行動に対して親御さんはピシリとしつける。これは普段の生活でも同じです。

いわゆる一流と呼ばれる人たちの行動を見ていると雑な部分がない。お子さんを一流の人間に育てるためにも雑な行動を取らせないようにしつけてください。

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました