SAPIX式「言い換えて」の意味

今回はSAPIXに蔓延する「言い換えて」病についてお話ししたいと思います。

SAPIXに通っている生徒が必ず教わる事、それは「言い換えて」です。記述問題の解答法として本文に書いてある言葉を別の言葉に言い換えなさい、と言うものです。我が子をSAPIXに通わせている親御さん、聞いたことありませんか?

これが有効なのは開成中学などごく僅かな中学の入試問題に限ります。開成中学の国語の問題として特徴的なのが「傍線部分を説明しなさい」と言う問題です。この問題の解き方は傍線部分を別の言葉に置き換える。これにつきます。もう少し言うなら具体的な内容を抽象化すると言う作業を行うのです。そうするためにはSAPIXのいう「別の言葉に置き換えて」ということが必要になってくるのです。

しかし開成中学などごく一部の超難関中学以外はそんなことは求めていませんし、言い換えることで逆に失点に結びついてしまうのです。「本文中の言葉を使って」というのは、まさに「言い換え禁止!」と言っているのですから。

SAPIXの問題は開成中学を目指す生徒以外にも、この方法を押し付けているところです。これではいくらやっても時間の無駄。無駄どころかできない生徒を育ててしまう。

さらに言えばSAPIXでも本当の意味で国語の記述を教えられる講師はごくわずか。アルファ1の講師くらいでしょうね。間違った記述の解き方を教わっていたら、本当に目も当てられないくらいです。

ま、それはSAPIXだけでなくどこの塾の講師にしても同じなんですけれどね。本当に理論的に国語を教えられる講師が必要だと思います。そのための国家試験があってもいいとさえ思います。

スポンサーリンク
未分類
小林充をフォローする
家庭教師と塾教師による必勝中学受験術
タイトルとURLをコピーしました